新着情報

HOME»新着情報 »スポーツ »相撲部 団体15連覇、個人は中村選手4度目の優勝

相撲部 団体15連覇、個人は中村選手4度目の優勝

スポーツ

2022/05/18

 第53回県社会人相撲選手権が5/15(日)高岡古城公園相撲場にて行われました。

団体戦は8チームが参加し、アイシン軽金属A(中村・堀・黒川)が優勝し団体15連覇、

個人戦は37人が争い、決勝はアイシン軽金属同士の対決となり、中村選手が優勝、4大会ぶり4度目の栄冠に輝きました。

図1.png

ベテラン中村選手 力強さ健在

中村選手が団体戦と個人戦の両方でタイトルを獲得

図2.png

 出場選手の中では最年長ですが、「まだまだやれると」と手応えを口にしました。

団体戦は、強豪を寄せ付けずストレート勝ち。個人戦では、前回覇者の黒川選手とAK同士の対決の末、

立合いで低く鋭く当たり、体格差を生かし横から攻めて黒川の重心を崩していき、寄り切り、優勝。

普段は富山商業高校相撲部のコーチを務め、青少年の育成に尽力しています。

「相撲をしたい子どもたちのお手本になるよう、これからの大会も優勝を目指す」と今後について語りました。

pagetop